レッスンを持つまで

養成講座をご卒業後、ひとつの道として、ヨガセラピスト協会静岡東部局にて、レッスンを開催するということが可能です。

もちろん、個人でレッスンを開催したり、スタジオにてレッスンを持ったり、ということも可能ですが、一人でできるのかな、、、など、不安がある場合は、ぜひ東部局にてレッスンを開催する、ということも視野に入れてみませんか?


東部局でレッスンを開催される場合は、ヨガセラピスト協会全体でサポートが可能です。

~保科恵の場合~

養成講座を卒業後、個人活動「Megumi Yoga」を立ち上げ、ヨガセラピー、マタニティ、ママヨガ、マンツーマンクラスなど、学んだ養成講座の内容全てのクラスを開催、経験を積む。


店舗、学校、企業様への出張ヨガ、ホテル、神社、お寺など会場の雰囲気に合わせたヨガクラスなど、様々な場所へ出向き、個人でのレッスン開催を重ねながらも、ヨガセラピスト協会の養成講座講師を担当。


2018年より、ヨガスタジオのオーディションをうけ、クラスを担当する傍ら、ヨガセラピスト協会の理事に就任し、養成講座を引き続き担当、ご卒業生の道づくりとしてヨガセラピスト協会静岡東部局を立ち上げる。


活動当初は、仕事をしながら週1,2回ペースでクラスを開催。その後、アルバイトに変え、ヨガと仕事を半々。徐々にヨガ1本で生計を立てられるまでに。


現在、ヨガセラピスト協会の「日々や人生が変わるヨーガスートラとクラシカルヨガ講座」受講中。

 

ヨガを仕事に。


~事例① 滝本智子さんの場合~

・ヨガセラピスト活動

2018年夏より、保科恵が数年担当していた御殿場ヨガクラスを、引き継ぎました。

レッスン開催にあたり、ヨガセラピスト協会代表理事の宮原暁子先生の元へ出向き、シークエンス作りと仕上げの講座を受けました。

開催日まで、練習を積み重ね、足りない部分は局長の保科のもとで確認、練習。

開催後も、保科が足を運び、アジャスト等サポート。

レッスンを開催していくと、随時出てくる疑問点、不安点などを、随時保科の元で、復習・練習を重ねています。


・和食こしらえ人活動

和食講座の申し込みをいただいたら、ご受講者さんと日程、開催場所をすり合わせ、ご自身のペースで開催しております。

また、ヨガと和食をセットで開催するイベント等、和食を担当しています。


~事例② はるかさんの場合~

・ヨガセラピストデビューまで


現在、ヨガセラピスト養成講座を御受講中。

春に予定しているイベントにて、レッスン開催を希望しておられ、春までに残りの単元の開催日が全て決定しております。


また、開催に繋がるよう、養成講座のデモストレーションは実演をふくめ、生徒さんや養成講座卒業生にご協力いただき、ヨガセラピストとして学んだことの実践を積み重ねています。

~事例③ わかなさんの場合~

リストラティブヨガセラピスト養成講座の単元受講後、お引っ越し先の通われていたヨガスタジオにて全米ヨガアライアンス200時間を取得。


・リストラティブヨガセラピスト活動

イベントブースにて、リストラティブヨガ体験を開催。

ご卒業から年数が経っていたため、イベント前に復習、実践、不安を払拭後、お客様へリストラティブヨガをお伝えしました。


ヨガセラピスト協会静岡東部局のレギュラーレッスンは、ヨガセラピスト協会養成講座受講単元のみですが、来春から展開予定のパークヨガでは、ヨガセラピストのベースが確認でき次第、他ヨガスタジオにて学ばれていても、レッスン展開可能としております。

志がとても高いわかなさんは、パークヨガにむけて、冬よりヨガセラピストの卵レッスンを開催し、ヨガセラピーのレッスンの展開の仕方を学んでいきます。


●ヨガセラピスト協会静岡東部局ができること●

・レッスン開催まで、レッスンが始まってからも、協会役員が足を運び、助け合いながら開催できる。

・自分のペースでレッスン開催ができる。

・不安点、疑問点があることは、ブラッシュアップ、サポートが可能。

・レッスンの告知、集客、書類等、事務的な事は東部局が一緒に行っていくため、少しずつ覚えることができる。

・解剖学や、講座も随時改定されているため、情報の更新が可能。


レッスン開催を見越して、養成講座を受けられたい方は、どんな小さな疑問でも、お気軽にお問い合わせください。