ヨガはどのようにしてはじまった?

インド発祥のヨガは今や世界中で行われており、人気を集めています。

日本でもヨガをされている方が多くいらっしゃいますが、ヨガの歴史について詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。

ヨガには古く長い歴史があり、人々により途絶えることなく伝えられてきた背景があります。 



ヨガの起源は「インダス文明」から


ヨガの発祥は紀元前3000年~2000年頃栄えたといわれるインダス文明と言われており、世界遺産であるインダス文明最大級の都市遺跡「モヘンジョ・ダロ(パキスタン)」から、ヨガのようなポーズや坐禅を組んで瞑想をしている神像や小さな像などが発見されました。


また、印章にも結跏趺坐(けっかふざ)(瞑想する際の座法)が刻まれており、ヨガの存在が古くからあったことを証明しています。

その後、様々な文献にヨガの説明が記載されるようになります。 






大きなヨガ史上のマイルストーン


ヨガの歴史を見ていく上で先ず着目されるのが、「ヨーガ・スートラ」と「ハタ・ヨーガ」です。


ヨーガ・スートラは5世紀頃に完成したもので、ヨガの八支則(八つの方法)ヤマ(禁戒)・ニヤマ(勧戒)・アーサナ(座法)・プラーナーヤーマ(調気法)・プラティヤーハーラ(制感)・ダーラナー(集中)・ディヤーナ(無心)・サマーディ(三昧)が含まれており、様々なヨガを作り上げました。


ハタ・ヨーガは1300年頃に大成し、身体の浄化の必要性のため様々なポーズが伝承されました。世界中に普及しているヨガのほとんどが、ハタ・ヨーガの方法とされています。 


日本にヨガが入ってきた時期


日本にヨガが伝わったのは約806年頃と言われており、天台宗や真言宗の教祖である空海により中国からもたらされました。

天台宗や真言宗の修行僧達によって、伝統として継承され、現在のヨガスタイルが確立されます。日本では何度かヨガブームが起こり、ヨガが広まっていきます。

2010年以降にはヨガ人口が約100万人以上になり、ヨガは生活の一部になりつつあります。 


ヨガセラピスト協会は全米ヨガアライアンスの認定校であり、全米ヨガアライアンスをはじめマタニティヨガセラピスト資格など様々なヨガセラピスト資格を取得できます。

全米ヨガアライアンスなどの養成講座は、合宿を通してヨガについて学んでいただきます。費用は一定額で決まっていますので、追加料金が発生することはありません。

興味のある方は、是非養成講座にご参加ください。 


名称

一般社団法人ヨガセラピスト協会

所在地

〒238-0033 神奈川県横須賀市阿部倉12番25号

電話番号

080-5376-1116

FAX

046-853-4250

メールアドレス

info@yogatherapist-association.com

URL

http://www.yogatherapist-association.com 


◆◇静岡県沼津市でも、ヨガセラピスト協会の養成講座が受講できます◇◆

詳しくは「ヨガセラピスト協会静岡東部局」のホームページをご覧ください。

https://www.yogatherapist-association-shizuokatoubu.com/

一般社団法人 ヨガセラピスト協会静岡東部局

横須賀に本部を持つ、ヨガセラピスト協会の静岡東部局のホームページです。 ヨガセラピスト協会の養成講座を卒業した生徒さんが、沼津市、御殿場市、裾野市など 静岡県東部地域にて開催しているヨガのレッスン、和食こしらえ人講座をお知らせしています。 ヨガセラピスト協会のヨガセラピスト養成講座をはじめ、各種養成講座、ヨガセラピストとして 活動されたい方は静岡県沼津市にて深く学べます。